有言実行だ。代表活動から戻った鈴木が、決意を新たにした。シーズン開幕前に打ち立てた目標は「15得点」。ここまでキャリアハイの12得点と順当に得点を積み上げ、シーズン佳境でしっかり射程に捉えている。鈴木は「目標まであと3点。残り3試合で取りたい」と意気込んだ。

 いずれもタフなゲームになる。札幌に敗れればJ2降格が決まる磐田、残留へ1試合も落としたくない鳥栖。モチベーションの高い相手とのゲームが残っている。最終節の川崎戦は、ホームでルヴァン杯決勝のリベンジマッチ。ハードな試合になることは必至だ。鈴木は「もちろんゴールという明確なものを見せたい。いつも通り札幌の攻撃的なサッカー...    
<記事全文を読む>