サッカーJ3のAC長野パルセイロを指揮する横山雄次監督(50)が来季も続投することが21日、分かった。既にJ2昇格の可能性が消滅してリーグ戦は3試合が残っているものの、クラブ関係者によると、今月中旬にクラブ側が続投を要請して合意に至った。

 横山監督は「堅守多攻」を掲げて、今季就任。ハードワークをベースにチームをつくってきたが、第31節を終えた現在、10勝10分け11敗の勝ち点40で18チーム中11位。特にリーグ前半戦(17試合)はけが人が続出したこともあり、3勝6分け8敗の勝ち点15で最下位と低迷した。ただ、後半戦は14試合を終えて7勝4分け3敗の勝ち点25とチ...    
<記事全文を読む>