広島市は20日、中央公園自由・芝生広場(中区)へのサッカースタジアム建設に向けた市民アンケートの結果を公表した。施設面では、9割近くが試合の臨場感を味わえる客席とグラウンドの近さを求めた。試合のない日の活用法として、コンサートの開催を望む声が約7割を占めた。

 アンケートは10月、市のホームページ上で実施し、広島県内外の9517人が答えた。新スタジアムに望むハード面の機能を複数回答で尋ねると、最多の86・3%が「客席とグラウンドが近く臨場感がある」と回答。ピッチの見やすさやトイレの充実を求める声も多かった。公衆無線LANサービス「Wi―Fi(ワイファイ)」の整備を望む意見も...    
<記事全文を読む>