台風19号で大きな被害を受けたいわき市を本拠とするサッカークラブ「いわきFC」が今季、トップのJ1から数えて5部に当たる東北社会人リーグ1部を無敗で勝ち抜き、全国地域チャンピオンズリーグ(CL)に進出した。被災者の期待や思いを背負うチームは、日本フットボールリーグ(JFL)への昇格を懸け、20日に始まった決勝ラウンドに挑んでいる。

 台風では市内を流れる夏井川が氾濫し、浸水被害が相次いだ。大会を控えた貴重な調整期間だったが、選手やスタッフは被災住宅の片付けや、避難所での物資配布といったボランティア活動に汗を流した。田村雄三監督は「自分たちがやれることをしなければいけないと思...    
<記事全文を読む>