J2アルビレックス新潟はオフ明けの20日、聖籠町の専用練習場で午前練習をした。吉永監督の今季限りでの退任やGK野沢の契約満了が発表される中、選手は24日に迫った最終第42節ホーム長崎戦に向け、気持ちを入れ直して汗を流した。

 練習はミーティング、屋内トレーニングを含めて約2時間。冷たい風が吹くピッチで9対9のミニゲームなどをこなした。

 吉永監督から「スタメンで出るには守備も90分続けないといけない」と言われてきたというMF本間は「手応えをつかみ始めたときに試合に出られた。見てくれていると思った」と感謝を口にした。最終節に向け「勝って監督を送り出したい」と気合を...    
<記事全文を読む>