サッカーJ1の川崎フロンターレが川崎市内の小学校に配っている「川崎フロンターレ算数ドリル」の実践学習が十九日、高津区の市立坂戸小学校で開催され、脇坂泰斗選手(24)と原田虹輝選手(19)が参加した。

 算数ドリルは二〇〇九年度から毎年発行。フロンターレにちなんだ問題を作成し、チームに親しんでもらうとともに児童らの算数の勉強をアシストしている。実践学習は年に一回実施している。

 この日は同校の六年生約百人が二組に分かれ、一組は五十メートル走で足の速い原田選手と同時にゴールするためにはスタート地点をどこにすればいいかを速度と時間、距離から計算する方法を確かめた。一方...    
<記事全文を読む>