サッカーJ1の大分トリニータは19日、片野坂知宏監督(48)と来季の契約を更新したと発表した。就任4年目の今季、6年ぶりに国内最高峰の舞台に返り咲いたチームを率い、高い手腕でJ1残留を達成。来季は「定着」という目標に向けてチャレンジする。
 片野坂監督は鹿児島県出身。J3降格となった2016年シーズンから指揮し、1年でのJ2復帰、18年にJ1昇格を成し遂げた。
 「J1残留」「勝ち点45」を掲げて臨んだ今季、厳しい戦いが予想された中で磨いてきたパスサッカーで躍進。今月、全日程終了前に二つの目標をクリア(現時点でリーグ7位、勝ち点46)した。
 片野坂監督は...    
<記事全文を読む>