三重県伊勢市内で十七日まで開催されていた全日本U-18(十八歳以下)女子サッカー選手権東海大会で、浜松泉FC(県一位)が準優勝を飾った。全国大会出場は東海地区から優勝の一チームだけのため、全国大会出場はかなわなかったが、選手は「もっとレベルアップして全国大会へ」と誓い合った。

 浜松泉FCは東海大会一回戦で、名古屋FCルミナス(愛知県二位)を2-0で下して初戦突破。準決勝では岐阜FCフェニックス(岐阜一位)を6-0で倒した。決勝は、強豪のNGUラブリッジ名古屋スターチス(愛知一位)と対戦、前半は0-0でしのいだが、後半に3失点を喫し、反撃もむなしく、0-3で敗れた。

...    
<記事全文を読む>