J2アルビレックス新潟は17日、来季の監督に、スペイン1部リーグの名門バルセロナの育成部門トップ「アカデミーダイレクター」などを歴任したアルベルト・プッチ・オルトネダ氏(51)が就任すると発表した。

 アルベルト氏はスペイン出身。バルセロナなどで育成年代の指導を豊富に経験し、今季までの2年間は米プロリーグMLSのニューヨーク・シティーでヘッドコーチも務めていた。新潟の神田勝夫強化部長(53)は「選手の才能を見つける、引き出すことに長(た)けている。日本人の特性もよく理解している」と評した。

 アルベルト氏はクラブを通じ、「35年間のサッカーキャリアで培ったものを...    
<記事全文を読む>