フットサルのFリーグ1部第26節最終日は17日、名古屋市武田テバオーシャンアリーナほかで3試合を行い、エスポラーダ北海道は長野に6―1で快勝。通算成績は7勝4分け15敗で勝ち点を25に伸ばし、11位から9位に浮上した。

 1―1の前半17分に水上のゴールで勝ち越し。その後は堀米がハットトリックを決めるなど着々と加点した。次節は24日に湿原の風アリーナ釧路で湘南と対戦する。

...    
<記事全文を読む>