サッカー女子なでしこリーグ1部・2部入れ替え戦はホームアンドアウェー方式の第2戦が16日、長野Uスタジアムで行われた。1部9位のAC長野パルセイロ・レディースは2部2位のC大阪堺と1―1で引き分け、2部降格が決まった。0―0の第1戦に続く引き分けだったが、アウェーゴール数でC大阪堺が上回った。AC長野は来季、5年ぶりに2部で戦う。C大阪堺は2年ぶりに1部復帰。
 AC長野はU―19日本女子代表に招集され第1戦で不在だったMF滝沢が復帰。前半ロスタイム1分、FW鈴木陽のヘディングシュートで先制した。しかし後半27分、C大阪堺のMF林に右足シュートを決められた。シュート数は相手の...    
<記事全文を読む>