J2の22位FC岐阜は16日、ホームの長良川競技場で第41節岐阜新聞社 岐阜放送サンクスマッチで7位甲府と戦う。残留は21位栃木の結果による他力本願ながら残り2試合連勝が必須。主将のDF阿部は「希望はある。勝つしかない」と見据える。

 前節新潟戦は前半7分の失点が重くのしかかり完封負け。北野監督は「ミスを重ね、攻守にバランスを崩した」と振り返る。粘りの守備はもちろん、4試合連続無得点の打開を図るため、指揮官は「主導権を握り、アグレッシブに戦うことを意識させた。フィニッシュで終わる形を増やしたい」と語気を強める。

 甲府はJ1昇格を目指し現在2連勝中。阿部は「外国...    
<記事全文を読む>