サッカー・J1サガン鳥栖の金崎夢生(むう)選手(30)と石川啓人(ひろと)選手(21)が13日、応援してくれる住民と交流を深めようと、佐賀市の嘉瀬小を訪問した。自身の小学生時代や夢について語り、5、6年生約70人が耳を傾けた。

 金崎選手は、「夢生」という名前について「夢を持って頑張って生きてほしいという思いが込められている」と説明した。ただ、子どもの頃は具体的な夢がなかったと振り返り「必ず夢を持ってないとだめなんだと思わなくていい。夢がなくても、おいしいご飯を食べたり楽しいことはいっぱいある。これをやっている時間が好き、ということを少しずつ増やして」とアドバイスした。石川...    
<記事全文を読む>