サッカー男子の東京五輪世代、U-22(22歳以下)日本代表の原輝綺(21)が14日、広島市内で行われたJ1広島との練習試合(35分ハーフ)にボランチで先発出場した。J1鳥栖ではサイドバックが本職でボランチは約1年半ぶりというが、マークを引きつけて周りを生かすなどサポート役を徹底。「あまり感覚を忘れていなかった」と順応性を示し、17日のU-22コロンビア戦(エディオンスタジアム広島)に向けてアピールした。

 監督代行の横内昭展コーチにボランチでの起用を告げられたのは、試合当日の14日。市船橋高(千葉)やJ2新潟でやっていたとはいえ、今季は鳥栖で経験していない。ぶっつけ本番だっ...    
<記事全文を読む>