パラリンピックの正式種目で、視覚障害者らがボールに入った鈴の音やスタッフの声を頼りにプレーする「ブラインドサッカー」の西日本リーグの準決勝戦と決勝戦が16日、広島市の広島経済大フットボールパークで開かれる。九州からは「ラッキーストライカーズ福岡」(福岡市)と「LEO STYLE北九州」(北九州市)が出場し優勝目指して火花を散らす。入場無料。

 ブラインドサッカーは転がると音が出るボールを使い、視覚障害のある4人が見え方を等しくするためにアイマスクを着けてプレー。視力に障害のない人や弱視者が担当するゴールキーパーや相手ゴール裏にいる「ガイド」と呼ばれるスタッフが選手たちに指示...    
<記事全文を読む>