元スペイン代表FWダビド・ビジャが13日、神戸で19年間のプロ生活に終止符を打つと発表した。今春までJ1神戸の監督を務めたリージョ氏が「ゴールがくっついて離れない」と表現した得点力で世界4大陸を渡り歩いた37歳。今季もチームトップの12得点と衰えを見せない中で現役引退を決断した。希代の点取り屋の実像とは-。

 母国スペインを皮切りにオーストラリア、米国、そして日本と19年間で、18度も2桁得点をマークしているビジャ。記録を伸ばす中で「まだ現役でプレーできるのでは」と惜しむ声は多いが、自身の競技哲学を同日の引退会見で明かした。

...    
<記事全文を読む>