【J1神戸・三木谷浩史会長の話】

 「先日、ダビドの方から、大阪にいたときに『話がある』ということで、宿泊していたホテルで『実は引退したい。今年で終わりにしたい』という話をもらった。非常に驚いたんですけど、彼のサッカー選手としての哲学、最後輝いているうちに自分のキャリアをうまく閉じたいと。ヴィッセル神戸の初タイトルをビジャ選手の門出のお祝いにできればいい。12月7日の引退セレモニーでサポーターのみなさんと盛大に送り出したい。スペイン代表でも59得点。偉大なプレーヤーが引退していくというのは、名残惜しい気持ちもありますし、日本のサッカーにおいてまだまだ貢献していただけると思って...    
<記事全文を読む>