今季限りでの引退を決めたJ1神戸のFWダビド・ビジャ(37)が13日、神戸市内で会見し、キャリアを終える判断をした背景やチームへの感謝などを語った。主な発言と報道陣との一問一答は次の通り。

【J1神戸・ビジャの話】

 「こんにちは(日本語)。今シーズン限りでプロとしてのキャリアに終止符を打とうと、引退を決意した。自分の中で思ってきたことがあって、サッカーに引退させられるんじゃなくて、自分の意思でサッカーを引退したい。今がそのタイミングだという決断に至った」

〈過去の所属クラブや代表チームにも感謝〉

 「多くの人が史上最高のチームと呼ぶバル...    
<記事全文を読む>