社会人サッカーチーム北海道十勝スカイアースは、秋田県で行われた全国地域チャンピオンズリーグ(CL)1次ラウンドで3連敗し、目標に掲げるアマチュア最高峰の日本フットボールリーグ(JFL)昇格を逃した。細かいミスから失点を許すなど、選手らは全国との力の差を痛感した。来季も引き続き高勝竜監督(55)が指揮を執る見通しで、攻守両面のレベルアップを誓う。

 1次ラウンドは、出場12チームが4チームずつ3組に分かれリーグ戦で行われた。スカイアースは8日の初戦でいわきFC(東北・福島)に1―3で敗れ、翌9日のFCTIAMO枚方(関西・大阪)戦は1―2で逆転負け。10日はVONDS市原FC...    
<記事全文を読む>