鳥栖は残留を争う松本との直接対決を制し、勝ち点差を5に広げた。

 前半立ち上がりから勢いを持って相手陣内に攻め込んだ。4分、クロスのこぼれ球に反応したFW小野がゴールネットを揺らしたが、ハンドの判定でノーゴールに。それでも、サイドチェンジを多用しながら攻め入ると、13分、FKから小野が入れたボールをDF金井が頭で合わせて先制点を奪った。

 1-0で迎えた後半は、GK高丘やDF高橋秀を中心に相手の攻撃を防いだ。最後まで集中力を保ってチャンスらしいチャンスをつくらせず、リーグ戦13試合ぶりの無失点で勝ち点3をものにした。

...    
<記事全文を読む>