サッカーJ2ファジアーノ岡山は10日、金沢市の石川県西部緑地公園陸上競技場で金沢と1―1で引き分けた。勝ち点65(18勝11分け11敗)で、2016年に記録したシーズン最多勝ち点に並んだが、順位は二つ下げて9位。2試合を残し、J1参入プレーオフ(PO)出場ラインの6位との勝ち点差は2に広がった。

 ファジアーノは0―1の後半36分、途中出場のMF山本が左サイドを突破し、折り返しをFW赤嶺が流し込んだ。しかし、勝ち越し点は奪えなかった。押し気味に進めた前半10分に速攻で失点したのが痛かった。

 有馬監督は「選手たちが諦めずに戦い、最低限の勝ち点...    
<記事全文を読む>