フットサルのFリーグ1部は10日、名古屋市武田テバオーシャンアリーナで第25節最終日の5試合を行い、エスポラーダ北海道はFリーグ選抜に2―3で敗れた。通算成績は6勝4分け15敗で勝ち点22のまま、順位は11位に下げた。エスポラーダは残り8試合に全勝しても勝ち点は46にとどまり、勝ち点47の3位すみだに届かないため、上位3チームによるプレーオフ(PO)進出の可能性が消滅した。

 次戦は17日、同アリーナで長野と対戦する。

...    
<記事全文を読む>