サッカーJ2で昇格争いの佳境を迎えている7位のファジアーノ岡山。10日はアウェーで10位金沢と対戦し、劣勢をはね返して1―1で引き分けた。上位チームが勝ち点を積み上げる中、白星が欲しかったが、なんとか勝ち点1を獲得し、3年ぶりのプレーオフ(PO)進出へ可能性を残した。通算成績は18勝11分け11敗(勝ち点65)。

 ファジアーノは攻撃の核となるMF仲間らを欠いた布陣で臨んだ。前半10分に右サイドを崩され、先制点を許した。0-1で折り返し膠着状態が続いたが、後半36分、左サイドから切り込んだFW山本のクロスをFW赤嶺が合わせて同点に追い付いた。

<記事全文を読む>