第31節第2日は各地で5試合が行われ、札幌は横浜Mに2―4で敗れた。通算成績は12勝7分け12敗で順位は暫定7位。今季の6位以下が確定し、来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の出場権獲得の可能性がなくなった。

 FC東京はディエゴオリベイラのPKで磐田に1―0で競り勝ち、勝ち点62で首位に返り咲いた。横浜Mは4連勝で1差の2位。前節首位の鹿島は川崎に0―2で敗れて3位に後退し、川崎は同57で4位。湘南が6連敗となり、名古屋は9試合ぶりの勝利を挙げた。

 札幌は次節、23日午後2時から札幌ドームで磐田と対戦する。

...    
<記事全文を読む>