最下位の磐田は死力を尽くした。だが、劣勢でも勝ちきって首位に立ったFC東京との実力差は明白だった。FW大久保は「普通にやれば勝てた試合。それができなかったから負ける」と淡々と話した。
 前半終了間際に立て続けにあった好機を生かせなかった。後半立ち上がりは相手中盤への寄せが甘く、左サイドへの長いボールに抜け出した相手をMF藤川が倒してPKを与えた。「自分の対応が悪かった。力のなさを感じた」。前節2日の清水戦でJ1初得点した若武者は猛省した。
 5月18日の仙台戦に勝って以来、ホームで10戦勝ちなし。DF大井は「フベロ監督の戦術が浸透してきたが、フィニッシュのところで自...    
<記事全文を読む>