サッカーの明治安田J1リーグ第31節の9日、ヴィッセル神戸は敵地の豊田スタジアム(愛知県豊田市)で名古屋グランパスと対戦し、0-3で完封負けを喫した。勝てばJ1残留に大きく近づく一戦だったが、勝ち点38から一つも積むことができなかった。

 神戸は相手CKの展開から先制を許すと、前半だけで2失点。試合を通じてボールを保持したが、後半9分にも追加点を奪われ、大勢が決した。

...    
<記事全文を読む>