J1は最終盤を迎え、来季の監督人事を巡る動きが出ている。広島は城福監督の来季の去就を正式に示していないが、今季も上位争いを演じ、課題とされてきた若手も台頭するなど、実績を評価。昨オフに2年契約を結んでいるため、続投が基本路線となりそうだ。

...    
<記事全文を読む>