サッカーJリーグ1部(J1)北海道コンサドーレ札幌のDF進藤亮佑選手(23)=札幌市出身=とFW鈴木武蔵選手(25)が6日、日本代表に選ばれた。進藤選手は初の代表入り。札幌からの代表選出は1999年の吉原宏太さん(41)、今年3月の鈴木選手、5月のFW菅大輝選手(21)=小樽市出身=に続く4人目。

 進藤選手は183センチ、74キロ。札幌U―18(18歳以下)から2015年、トップチームに昇格した。積極的な攻撃参加と空中戦の強さが武器。今季のリーグ戦はここまで30試合中29試合に出場し、DFながらチーム4位の6点を挙げている。

 進藤選手は同日、報道陣の取材に「...    
<記事全文を読む>