日本サッカー協会は5日、東京五輪世代となるU-22(22歳以下)日本代表で臨む「キリンチャレンジカップ2019」のメンバー22人を発表し、J1サガン鳥栖からはMF原輝綺(21)が選ばれた。2017年の森保監督就任以降、国内初の国際親善試合(17日・エディオンスタジアム広島)でU-22コロンビア代表と対戦する。

 原は180センチ、72キロ。J2新潟から今季加入し、鳥栖では主にサイドバックとしてJ1リーグ戦17試合に出場している。U-19~22の各年代で日本代表に選ばれた実績がある。原は「U-22日本代表に選出していただき光栄ですし、国内での試合ということで非常に楽しみ。力の...    
<記事全文を読む>