3日に行われたサッカーJ2の第39節で、下平隆宏監督率いる横浜FCと手倉森誠監督のV・ファーレン長崎が対戦、青森県五戸町出身監督同士による初の“五戸ダービー″が実現した。会場のニッパツ三ツ沢球技場(横浜市)には故郷から応援ツアー一行が訪れ、「サッカーの町」が輩出した2監督の戦いに熱い声援を送った。

...    
<記事全文を読む>