日本フットボールリーグ(JFL)は3日、第26節7試合があり、最下位(16位)の松江シティFCはホームの松江市営陸上競技場で13位の奈良クラブを2-1で下した。リーグ戦3試合ぶり、ホーム戦は第13節(6月29日)以来の白星。通算4勝9分け13敗の勝ち点21で15位となり、最下位を脱出した。

...    
<記事全文を読む>