明治安田J2第39節は3日、各地で5試合を行い、栃木SCは県グリーンスタジアムで新潟と対戦、後半ロスタイムにDF田代雅也(たしろまさや)が勝ち越しゴールを決め、2-1で6戦ぶりの白星を挙げた。通算成績は6勝15分け18敗で勝ち点33。順位はJ3降格圏の21位のままだが、20位鹿児島との勝ち点差は4に縮まった。

 栃木SCは前半開始から両サイドを起点に攻勢をかけ、18分にMFユウリのミドルシュートで先制した。しかし、23分にはDFラインの裏にスルーパスを通され同点弾を献上。1-1で前半を折り返した。

 後半は圧倒的に攻め込みながら新潟の堅守を崩せない。6分にはMF...    
<記事全文を読む>