J2福岡の本拠地レベルファイブスタジアムを発着点とする「明治安田生命JリーグウオーキングinFUKUOKA」が3日に開催された。スタジアムではトークショーがあり、福岡のFW森本貴幸(31)が珍回答を連発。“怪物”っぷりを発揮した。

 トークショーには福岡の現役選手から森本と石津大介、OBの坂田大輔氏、福岡県筑前町出身の久保竜彦氏、元磐田監督の名波浩氏が参加した。

 森本は東京Vでトップチームに引き上げられた2004年3月13日の磐田戦で、当時Jリーグ史上最年少の15歳10カ月で公式戦デビュー。その試合で対戦した名波氏が「当時は情報がなく、...    
<記事全文を読む>