サッカー女子のプレナスなでしこリーグ1部最終節は2日、伊賀市小田町の上野運動公園競技場などで5試合が行われた。地元の伊賀フットボールくノ一は、INAC神戸レオネッサと3―3で引き分け、勝ち点27(通算7勝5敗6分)で、1部復帰1年目のシーズンを4位で終えた。

優勝は勝ち点42の日テレ・ベレーザで史上初の5連覇を達成した。2位が勝ち点39の浦和レッドダイヤモンズレディース、3位が勝ち点31のINACだった。

伊賀は昨シーズンから取り組む、DFラインを高く押し上げ、前線から積極的にボールを奪いに行くスタイルで、昨季1部2位のINACと引き分けた。

前半1...    
<記事全文を読む>