明治安田J1第30節第2日(2日・昭和電工ドーム大分ほか=7試合)大分は同会場でFC東京と対戦し、0―2で敗れた。通算成績は11勝10分け9敗の勝ち点43で順位は8位に下がったが、下位の結果により、J1残留が決まった。
 大分を破ったFC東京は、首位鹿島と勝ち点59で並んだ。3位の横浜Mは鳥栖に2―1で競り勝って3連勝。
 川崎は広島に2―1で勝ち、4位に浮上。最下位の磐田は清水を2―1で破り、J1残留へ可能性を残した。17位の松本はC大阪と1―1で引き分け。札幌は名古屋に、神戸は仙台に快勝した。
 湘南―G大阪は3日に行われる。
 大分の次の試...    
<記事全文を読む>