J2の22位岐阜は第39節の2日、ホームの長良川競技場で5位徳島と戦う。前節の完封負けで20位鹿児島とは勝ち点差6に開いた。残り4試合になり、残留に向け、是が非でも勝ち点3を奪取したい。チーム得点王のMF川西は「残りすべて勝つ気持ちで戦いたい」と残留を見据える。

 決定機を逃し、試合終了間際の失点で敗れた鹿児島戦を北野監督は「攻撃も守備も自分が監督になってから一番良い試合だっただけに、非常に残念だった」と振り返る。ミーティングでは「他力本願になったが、踏ん張ればまだまだ可能性はある」と選手たちに伝え、「攻撃で慌ててしまう場面が増えている。確実に得点へとつなげたい」と語気を強...    
<記事全文を読む>