明治安田J1第30節第1日は1日、首位の鹿島がカシマスタジアムで9位浦和と対戦する。キックオフは午後7時。通算成績は16勝8分け5敗、勝ち点56。

23日の天皇杯ホンダFC戦以降、故障離脱者が続々と復帰。紅白戦は三竿、伊藤、レオシルバ、ブエノ、セルジーニョらが参加し、質の高いプレーを見せた。三竿は「けがをしていたメンバーは、ピッチの外から見たチームに足りないものを感じた。練習からみんな(改善点を)気付けてやれている」とうなずく。

紅白戦は三竿とレオシルバで組む守備的MFが攻撃の起点となり、浦和の3バックを想定した相手守備の弱みを突いた。前線の...    
<記事全文を読む>