負けない左腕が、来季もフル回転する。昨季は57試合、今季も61試合に登板した公文は「来年も50、60と投げられたら」と、3年連続の大台突破を目標に定めた。自らの持つ日本記録更新も目指す。デビューからの連続試合無敗記録は現在、174試合。「自分としては伸ばせるところまで伸ばしたい」と、快記録の継続を誓った。

 無敗記録は誇りである一方で、勝ちパターンでの登板機会を数多く得られていない証明でもある。「中継ぎをやっている以上は、ミヤさんのポジションで投げるのが一番。もっと信頼を得られるようになれば、自然といいポジションで投げられると思う」。鉄腕に追い付き、追い越せ―。不敗神話を持...    
<記事全文を読む>