◆三井ゴールデングラブ賞表彰式(28日・東京)

 パ・リーグの遊撃手部門で2年連続2度目の三井ゴールデングラブ(GG)賞に輝いた西武の源田壮亮内野手(26)が28日、全試合出場でのGG賞“防衛”を誓った。4月に死球による右手首負傷で、デビューからの連続フルイニング出場が299試合でストップ。「全試合ショートでずっと出たい。来年も(GG賞を)取りたい」と力を込めた。

 今季も華麗な守備で何度もチームを救い、V2に貢献した。失策はプロ3年目で初の1桁の9。「エラー10個以内を目標にしていた。1年目の21個から年々減っている。もったいないエラー...    
<記事全文を読む>