守備のベストナインを選ぶ三井ゴールデングラブ賞の表彰式が28日、東京都内のホテルであり、巨人の丸佳浩外野手やソフトバンクの内川聖一一塁手ら受賞者が喜びを語った。

◆中日・大島 狙うは「井端超え」

 内野と外野の違いはあれど、守り勝つチームがかつて誇った名手に比肩した。中日で中堅を守った大島洋平は外野手で2年連続受賞となり、井端弘和が持つ7度の球団記録に並んだ。「先輩にやっと追いつけたので、来年は追い越せるようにまたやっていきたい」と事もなげに宣言した。

 大きな本拠地で武器になる守備範囲の広さは、今季も健在だっ...    
<記事全文を読む>