今年のプロ野球ドラフト会議で六位指名を受けた楽天への入団が決まった、高島市出身の瀧中瞭太投手(24)=ホンダ鈴鹿(三重)=が二十七日、市役所を訪れ、福井正明市長らから激励を受けた。

 瀧中投手は、新旭北小学校三年の時にスポーツ少年団で軟式野球を始めた。湖西中学校でも続け、県立高島高校で硬式野球に転じ、二年の夏から三季連続で県大会ベスト8に進出。三年の夏には球速が最速で一四四キロを記録した。龍谷大に進み、関西六大学リーグで通算十六勝を上げるなど活躍した。今年、社会人日本代表(侍ジャパン)にも選ばれた。

 瀧中投手は、市役所玄関で職員から拍手で出迎えられ、花束を贈ら...    
<記事全文を読む>