ソフトボール男子の日本リーグ決勝トーナメント(9、10日・名古屋市)で、2年連続5度目の優勝を果たした平林金属クラブ(岡山市)の選手らが27日、岡山県庁を訪れ、伊原木隆太知事に成績を報告した。

 投打で活躍した主将の松田光、副主将の鳥山和也、首位打者賞に選ばれた西山幸助の3選手と吉村啓監督らが訪問。知事は「岡山にこんなすごいチームがあることが誇り。これからも頑張ってもらいたい」とたたえた。

 日本リーグには17チームが参加。決勝トーナメントは上位5チームが争い、決勝でデンソー(愛知)に7―0で完勝した。

 平林金属クは全...    
<記事全文を読む>