プロ野球の北海道日本ハムの西川遥輝外野手(27)が27日、早ければ来オフに、ポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦することを球団側に要望していると明らかにした。札幌市内の球団事務所で行われた契約更改交渉後に記者団の質問に答え、「俺の夢物語。早く(米国に)行きたい」と述べた。

 日本ハムからポスティングシステムで米大リーグ、エンゼルスに移籍した大谷翔平投手(25)を例に挙げ、「大谷が(米国に)行って、そういう気持ちが出てきた」と説明。日本ハムが日本一に輝いた2016年から要望してきたという。(金額は推定)

...    
<記事全文を読む>