令和初MVPは森! 西武の森友哉捕手(24)が自身初のパ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた。西武勢は昨年の山川に続き2年連続。パの捕手では2003年の城島健司(ダイエー)以来で球団初の快挙となった。森はパ捕手では1965年の野村克也(南海)以来54年ぶりの首位打者を獲得するなどリーグV2に大きく貢献した。西武勢はプロ野球史上初めて打撃5部門を同一球団の5選手が独占。令和初のNPBアワーズが“獅子色”に染まった。

■首位打者&100打点超え

 令和元年のパ・リーグの「顔」に選ばれた。そうそうたる顔ぶれが集合したNPBアワーズ。壇上に上がっ...    
<記事全文を読む>