プロ野球北海道日本ハムの「ファンフェスティバル2019」が開かれた札幌市豊平区の札幌ドームは24日、満席となる約3万4千人が来場し、大勢のファンが普段はスタンドやテレビ越しにしか見られない日ハム選手たちと間近で交流した。

 「ファイターズ学園 オープンキャンパス」のテーマに合わせ、選手たちは体操着に似せたTシャツとゼッケンを身に着けて登場し、各教科に見立てたゲームやクイズをした。「体育」では、胆振管内厚真町発祥の綱引き「3本引き」に挑戦。斎藤佑樹投手や大田泰示外野手らが、必死の表情で3本の綱を同時に引き合った。

 各選手や栗山英樹監督らによるサイン会や握手会も開...    
<記事全文を読む>