ベイスターズが主催する野球教室「キッズベースボールフェスティバル」が23日、横浜スタジアムで行われ、今オフの米大リーグへの移籍を目指す主将筒香やエース今永ら、27選手が横浜市内の少年野球チームに所属する児童らと触れ合った。

 この日は雨天のため、グラウンドでの技術指導が中止となり、室内でのサイン会に変更。これまで少年野球の現場における勝利至上主義や旧態依然とした指導法の改善を求めてきたハマの主砲は「小学生の頃は野球をやっているだけでうまくなる。いろいろなことにチャレンジして、いっぱい失敗することが大事」とアドバイス。自らも新たな挑戦を控えるが、「僕は失敗を恐れずに...    
<記事全文を読む>