プロ野球・横浜DeNAベイスターズが22日、横浜市内のホテルで来季の新人7選手の入団会見を開いた。

 高校生としては、来季米大リーグに挑戦する筒香嘉智外野手(27)以来、10年ぶりのドラフト1位となった桐蔭学園高の森敬斗内野手(17)は、「ユニホームに袖を通して、ベイスターズの一員になれたという気持ちと責任感を感じている」と最高峰の舞台へ気持ちを引き締めた。

...    
<記事全文を読む>