東北楽天は20日、仙台市の球団事務所で、由規、石橋、寺岡の3投手と石原捕手の計4選手と来季の契約を結んだ。
 7月に支配下登録された由規は110万円増の450万円で更改。「あっという間の1年間だった。段階を踏みながら、自分の持ち味を出せたと思う」と話した。
 先発ローテーションを任された石橋は3倍超えの2600万円でサイン。「毎日が勉強で、いい経験をさせてもらった」と充実した表情を見せた。
 支配下登録され、プロ初登板を果たした寺岡は20万円増で更改。「1軍の舞台を経験できたのが良かった。オフは下半身を重点的に鍛えたい」と意欲を示した。
 3年目...    
<記事全文を読む>