群馬県の健大高崎高で甲子園に春夏3度出場した強肩強打の捕手、柘植世那(ホンダ鈴鹿)が、今秋のプロ野球ドラフト会議で西武から5位指名された。高校時代の指名漏れから4年。社会人で経験を積んで心身共に成長した22歳が、憧れのプロ入りを前に意気込みを語った。

―指名から少し時間がたち、どんな気持ちか。
 プロで結果を出さないと意味がないと、気が引き締まっている。ドラフト解禁1年目(社会人3年目)に指名がなく今年に懸けていたから、指名直後はほっとした気持ちが大きかった。どこまで自分が通用するか不安もあるが、毎日野球だけに集中できるのは初めてのことで楽しみ。外国人バ...    
<記事全文を読む>