東北楽天は19日、仙台市の球団事務所で、堀内捕手ら5選手と来季契約を結んだ。捕手ではチーム最多の65試合に出場した堀内は550万円増でサイン。約2倍の来季年俸に「いい評価をしてもらった。恥じないような活躍をしたい」と決意を述べた。
 5試合登板で1勝1敗、防御率5.40だった釜田は200万円減で更改。「投げた試合では、ある程度の結果を残したが、信頼を得られなかった。悔しい1年だった」と振り返った。
 主に守備固めで起用され、自己最多の49試合に出場した村林は100万円増。来季に向け「打撃を改善したい」と意気込んだ。
 新人小郷は30万円増で初の更改を終え「...    
<記事全文を読む>